様々な能力という種類

先生と生徒

小学生の授業にも英語が組み込まれていますが、家庭でも習い事の一つに挙げられている英会話スクールでも学ぶことがありますが、英語力を身につけるには何から始めるべきでしょうか。種類としてあるのは、聞く・話す、読む・書くであり、始まりは聞く・話すです。英会話スクールでも小学生クラスがあり、レベルに合わせるよりも学年(年齢)に合わせて学ぶことになり、いわゆる基礎教育となる学校での授業の内容に合わせています。聞く・話すの場合には、ネイティブアメリカンな発音が学べるように、英語圏の講師が携わるのが特徴です。読む・書くは絵本や教科書から、アプリや聞き流しのCD、タブレット端末などが活用されており、現代っ子に馴染みやすい内容です。宿題を出すのも特徴で、目標を持つケースでは、小学生ならば児童英検があり、日頃のレッスンで学んだことを試すチャンスで、今後の英語学習の指針にもなっています。

親子での教育

先生と生徒

小学校でも英語の授業があるのに、下校してから英会話スクールにまで通う児童も少なくありません。それだけに、二足のわらじで習っている小学生は『飲み込みの早さ』がメリットだといいます。英会話スクールではネイティブの先生による授業が展開されています。小学校でも授業がありますが、その多くはクラス担任が行う授業です。英会話スクールでは100%英語が飛び交うのが特長で、常に英語のシャワーを浴びていることになります。学ぶ英語にも違いがあって、書くよりも聞くことにこだわります。児童英検にもチャレンジができる内容で、受けられる級は能力次第です。リスニングテストでは、自然に、生きた英単語を聞くことができるのがメリットです。スピーキングでは、習って、答えて、話すことをしますが、『言えた』『通じた』という自信に繋がるのもメリットの一つになります。小学生からの英語教育とはいいますが、今は就学前の6才頃から短い文や会話を聞くことがあったり、物の名前や形、色を英単語として理解するまでの教育を受けています。そのことからも分かるように、子どもと一緒に親、兄弟や姉妹も影響を受けています。同じようにスクール通いすることもあれば、親子レッスンを受けることでやる気を出したり、モチベーションキープやアップに繋げているようです。継続性がカギを握っているため、まずは親が見本(手本)を示している傾向にもあるようで、楽しみながら学ぶ小学生が少なくありません。

広告募集中